飲み方

水出しコーヒーの入れ方とは?家で美味しいアイスコーヒーを飲もう!

みなさんはコーヒーを飲むとき、アイスですか?ホットでしょうか?

夏も冬もアイスコーヒー!という方もいれば、ホットがいい!という方もいるでしょう。
そんななか今回ご紹介するのは、水出しコーヒーです。

水出しなので、アイスコーヒーということになりますね。

水だと味が薄くなってしまわないか心配…という方も多いと思います。

しかし今回ご紹介する水出しコーヒーの特徴と入れ方を見れば、そのような心配は不要です。

ぜひこれを見てアイスコーヒーいえ、水出しコーヒーの魅力に浸ってください。

水出しコーヒーとは?

インドネシアで生まれたといわれている、水出しコーヒー。

水出しコーヒーとはじっくりと時間をかけて、水で抽出するコーヒーのことを指しています。

これは「Cold Brew(コールドブリュー)」や「ダッチ・コーヒー」と呼ばれていることもあるので、このような名前で聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

お湯で入れる定番のドリップやプレスなどとは違い嫌な苦味やえぐみが出にくく、やわらかい甘みや苦味を感じるコーヒーができます。

おしゃれなカフェや喫茶店で水出しコーヒーを提供する場合、専用の道具を使うことが多いですが、家庭で用意できる道具で簡単に入れることもできるのです。

そこで次の章では、水出しコーヒーを入れるのに準備するものをご紹介します。

水出しコーヒーに必要なものを準備しよう!

先ほどご紹介したように、専用の道具がなくてもできる水出しコーヒー。

家庭にあるものといっても、いつものお湯で入れるコーヒーとは違いどんなものを使って入れればいいのか、分かりませんよね。

水出しコーヒーを入れるために必要なものをご紹介していきますね。

1.コーヒー豆

コーヒーを入れるのですから、コーヒー豆が必要なのは当たり前ですよね。

コーヒー豆は様々な種類や、挽き方をされたものが販売されています。

そのなかでどのようなものを使うのが良いのか、それは「中挽き」で「深煎り」の豆です。

挽きの粗さによって入れた時の、コーヒーの濃さが変わります。

粗いほど味が薄くなり、細かいと味が濃くなります。

その中間にあたる中挽きを使うことで、ちょうど良い濃さのコーヒーを入れることができるのです。

また煎り方は、8段階に分けられています。

煎り時間が短いと酸味が出て、長くなると苦味やコクが出てきます。

水出しコーヒーにおすすめなのが最も深煎りの「イタリアンロースト」やその次に深煎りの「フレンチロースト」です。

何度も入れているうちに慣れていくので、そうしたら自分好みのコーヒー豆を使うのも良いでしょう。

2.水

水出しコーヒーを入れる際におすすめの水は、軟水です。

硬水はマグネシウムやカルシウムなどの様々な成分を多く含んでいるため、水出しコーヒーの味に影響を与えてしまいます。

しかし軟水は味に影響を与える成分があまり含まれていないため、水出しコーヒーにおすすめなのです。

3.容器

水出しコーヒーを入れるための容器も必要ですよね。

ピッチャーやポットなど100均で販売されているもので、問題ありません。

この3つさえ用意することができれば、水出しコーヒーを入れることができます。

全て身近で購入できるものばかりだと思うので、容器がないという方やコーヒー豆
を切らしている方も準備しましょう。

水出しコーヒーの入れ方

水出しコーヒーを入れるのに時間はかかってしまいますが、方法はかなり簡単で「え!?これだけ?」というくらいです。

実際にどのような方法で、水出しコーヒーを入れることができるのかを順を追ってご紹介していきますね。

準備するもの

※ 1リットルの水出しコーヒーを入れるために必要なものです。

  • コーヒー豆:100グラム
  • 水:1リットル
  • 容器:1リットル用

水出しコーヒーの入れ方

  1. 茶葉を入れたりするパックに、コーヒー豆を入れる
  2. コーヒーを入れたパックを、空の容器に入れる
  3. 水1Lを慎重に注ぎ入れ、常温のまま1時間ほど放置
  4. 冷蔵庫に入れて8時間ほど放置すれば、完成

このようにほとんど”放置”することで、水出しコーヒーを入れることができるので、とても簡単です。

また冷蔵庫で放置するときに、好きな果物などをスライスして入れておくことで、フレーバーコーヒーにアレンジすることもできますよ。

夜寝る前に冷蔵庫に入れて準備しておけば、朝起きた時に飲める状態になっているのも良いですよね。

みなさんもぜひ試してみてください。

美味しいアイスコーヒーをおうちで楽しもう!

ここまで水出しコーヒーの特徴や入れ方などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

私は想像していたよりも、遥か簡単に入れることができるというのに驚きました。

みなさんにも「簡単じゃん!やってみよう〜」と思ってもらえると、嬉しいなと思っております。

夏でも冬でもアイスコーヒーを飲む派という方はもちろん、コーヒーはホットでしょという方も、ぜひ一度水出しコーヒーを試してみてくださいね。