飲み方

コーヒーの入れ方の基本!より自分の好みに仕上げるポイント

食後やちょっと一息つきたい時に、コーヒーを飲む人はたくさんいます。

コーヒーを入れる時に、単純にお湯をかけたら良し、というわけではなくてきちんと入れ方があるのです。

そこで、コーヒーの入れ方の基本と自分の好きな味に仕上げる入れ方をご紹介するので、参考にしてみてください。

コーヒーの入れ方って知っているようで知らない

コーヒーの入れ方の基本をしっかりと知っている人って、実はあまりいません。

一般的には、ペーパーフィルターでコーヒーを入れるものですが、コーヒー豆の量やお湯の温度などでも非常に味わいは変わります。

コーヒーをよく飲む人でも、単純に目安量のコーヒー粉をペーパーフィルターに入れて、お湯をかけたらOK!と思っている人も多いです。

入れ方を知らずに飲んでいると本当は美味しいコーヒー豆を使用しているのに、なんだか思うような味にならないと悩むかもしれません。

お店と自宅での差を「自分で入れているからしかたないか!」と思うのは、とてももったいない考え方なので、まずはしっかりとコーヒーの入れ方の基本を知っておきましょう。

コーヒーの入れ方の基本を知っておこう

コーヒーは入れ方が色々あります。

ただ、自宅で用意するには大変な方法もあるので、まずは一般的なペーパーフィルターでの入れ方を覚えておくと便利です。

入れ方の前に、コーヒーを入れるときに大事な器具が揃っているか確認してください。

  • ペーパーフィルター
  • ドリッパー
  • ドリップポット
  • メジャースプーン
  • コーヒーを入れるカップ

もしも複数人分のコーヒーを入れる場合は、サーバーを利用すると何杯分のコーヒーを入れたのかわかりやすいので便利です。

1枚のペーパーフィルターで大体1杯か2杯は抽出できるので、サーバーを使った方がよりたくさんコーヒーを入れることができます。

また、選ぶペーパーフィルターはしっかりとドリッパーのサイズや形に合うものを選びましょう。

① お湯を沸かす

まずはコーヒーを入れるときの基本である、お湯を用意します。

使う水は水道水でもミネラルウォーターでも問題ありませんが、水道水の場合はカルキ臭の問題があるので、できれば浄水器を経由した水を使うようにしましょう。

ミネラルウォーターの場合は、軟水か硬水かで味わいが違うので、どちらも使ってみることをお勧めします。

お湯の温度は沸騰している時瞬間ではなくて、一旦火を止めて沸騰時に起きる表面の泡が落ち着いた頃が入れ時です。

② ペーパーフィルターをセットし、コーヒー粉を入れる

ペーパーフィルターをセットする時は、底を外側折ってから側面を内側に折りましょう。

軽く置くだけだとお湯を入れた時にズレる可能性もあるので、ちょっとドリッパーに抑えるようにしておくと良いです。

コーヒー粉を10g〜15g程度入れ、ドリッパーを少し揺すって粉を平らにしておくと均一にお湯が注げます。

③ 少量お湯を入れて蒸らす

絶対に必要だけど忘れられがちなのが、蒸らしです。

最初にお湯を注ぐ時に、少量のお湯を粉全体にかけてから、そのまま30秒程度蒸らしましょう。

ついつい適量分入れてしまいたくなりますが、蒸らしをすることによってコーヒーに含まれているガスが放出されて、お湯とコーヒーが馴染みやすくなり、コーヒーの美味しい成分だけを引き出すことができます。

こうした少量のお湯をかけてあげることが必要になるので、使用するポットはやかんのような大きな注ぎ口ではなくて細口のドリップポットを使用しましょう。

④ お湯を3回程度に分けて入れる

一気に入れるとムラができるので、3回程度にお湯を分けて入れるのが理想です。

入れ方は、コーヒー粉の真ん中に「のの字」を描いてください。

お湯を入れて、水面が1/3程度減ってきたら、またお湯を注ぎ、また減るのを確認して注ぎを繰り返しましょう。

ポイントは、お湯をフィルターの壁側から入れないことです。

まんべんなくコーヒーの成分を抽出したいのであれば、中心に対して真上から注ぐことが大事です。

このような工程を経た後、サーバーに入れていたのであれば温かいうちにカップに注いでください。

コーヒーを抽出するときに、何も考えずにお湯を注いでいた!という人もたくさんいるので、入れ方を意識するだけでも十分に違いはあるので試して見ましょう。

自分好みのコーヒーの入れ方にするポイント

コーヒー、というのはその人それぞれの味の好みが違います。

苦味がある方が好き、酸味がある方が好きなど様々ありますし、コーヒーを普段飲まない人ならまろやかな味わいじゃないとおいしさを感じないかもしれません。

多くの人は「コーヒーの種類で味が違う」と思っているものです。

確かに、種類によって味の特徴は違いますが、入れ方によっても味わいは変化します。

① 苦味や渋みが好きな人

コーヒー特有の苦味や渋みが好きな人は多いです。

苦さ、というのはコーヒーの重厚感を引き出す効果も感じられて非常に深みを出せます。

ポイントは、硬水を使うことと高温で入れることです。

硬水の場合は、マグネシウムが多く含まれているのでコーヒーの苦味を抽出しやすくなりますし、高温で入れると苦味成分が早く出ます。

水道水は基本的に軟水なので、苦味を意識したい時はミネラルウォーターにしましょう。

また、ドリップの時間も重要なポイントです。

苦味を出したい場合は、ドリッパーの穴が1つのものを選び、長めの抽出時間をとってください。

お湯がドリッパーの中に長くとどまることで、通常なら溶け出しにくい苦味成分を出やすくしてくれます。

② 軽めの酸味が好きな人

酸味のあるコーヒーは、さっぱりと飲むことができて食後の気軽なブレイクタイムに最適です。

コーヒーの種類でも酸味があるものは多く、酸味がある中でも深みがあるとか明るさがあるなど違いがあります。

酸味を出すためには、極力抽出時間を短くすることがポイントです。

ドリッパーの穴が3つタイプのものを使用して、早く抽出できるようにしましょう。

使用する水も軟水を使うとサラッとした飲み心地になります。

③ まろやかな味わいにしたい人

飲みやすさを重要視したい場合は、多めの量でお湯を入れると一気に行き渡ることですっきりとした味わいになります。

まろやかで角のない味は、飲む人を選ばないのでちょっと来客があった時に好みがわからないから…と出す場合箱の入れ方の方がいいかもしれません。

自分の好みに合わせることも大事ですが、誰でも飲みやすい入れ方を覚えておくことも便利です。

コーヒーの入れ方によって味は変わる!色々試してみることが大事

コーヒーは、入れ方によって味わいが全く変わります。

同じコーヒー豆でも、苦みや甘み様々な味を演出することができるのです。これも、コーヒーの魅力です。

自分の好みがまだわからないという場合は、自分なりに色々試してみて、1番美味しいと思う入れ方を見つけてみましょう。